【限定500】『解体平面化ハンドブック』無料進呈中 >>

鋼製平面化工法の工事の流れ(動画あり)

解体・平面化
解体・平面化

このページでは、既存機械式立体駐車場解体からスマートデッキの組立、お引渡しまでの流れをご紹介します。小規模な機械式立体駐車場であれば5日ほどで完了します。

鋼製平面化工事フロー

工事契約の締結
工事期間の決定(ご協議の上、決定)
現場最終調査・計測(着工2か月前迄に)
図面製作(1日)
鋼材製作加工(1か月程度)
車両移動計画策定、移動先確保(1か月前までに)
車両移動お願い、工事告知、近隣告知(着工2週間前)
車両の移動(着工1日前迄に)
現場着工
検査(実車テストなど)
10 平面化完成
鋼製平面化工事
スタート
① 墨出し作業
メジャーだけでなく、レーザーを使用してミリ単位で計測を行います。
② 柱の組み立て
③ 梁の組み立て
④ 床板の設置
⑤ 床板の間隔調整
⑥ 床板締め付け
納品月の末締めで請求書を発行させていただきますので、翌月末にてご入金願います。
⑦ 駐車ライン施工
床面をキレイに掃除して、下地材を下塗りしたあと駐車ライン施工
⑧ 実車テスト
実際に車を乗せて、異音や軋みがないか確認します。
平面化完成
【無料進呈中】機械式駐車場でお悩みの方必見。管理組合・物件オーナー・管理会社様!ご希望の方に無料で差し上げます。
機械式駐車場の解体/平面化の基礎知識はこの1冊で
全国のマンションやビルの駐車場で空き区画が増加しています。使用料収入の減少によって財政圧迫が進み、設備の維持コストが重くのしかかってきます。こうした事情もあって機械式駐車場を解体・平面化するケースが急増中です。
しかし、一般の方にとって駐車場の解体は初めての経験でどのように工事を進めていけば良いのか不安もあるようです。
そこで、解体初心者の方に向けて解体の手順や工法などを紹介するハンドブックを作成しました。これまでにない機械式駐車場解体・平面化の参考書として、他では手に入らない情報を提供いたします。 
機械式駐車場・解体最強ガイドブック