【限定500】『解体平面化ハンドブック』無料進呈中 >>

【鋼製平面】静岡県テナントビルオーナー様

施工事例
施工事例

建物下・設置後29年単純昇降式10列地上1段地下ピット1段20台→10台 (2021年着工)

スマートデッキ導入による、向こう20年間の
対機械式立体駐車場維持管理費、更新費削減効果は

維持管理・修繕費削減効果は95.7%(4730万円)と試算

 

問題状況機械式立体駐車場が場内に74台あるが、設置20年を越え、修繕費が急増し頭を悩ましていた。塩害の影響もあり、経年劣化による腐食が激しく、上段の錆穴から雨水と共に赤さびが下の車に落ち、もらい錆事故が発生した。また、劣化で使用できない車台も複数ある状態で、大きな事故になる前に、解体・撤去を決めました。
施工内容機械式立体駐車場20台解体・撤去、鋼製平面10台、EV充電装置を2台設置。
収容台数は半減し収入源となるが、解体・撤去後を鋼製平面化することで収入減以上にランニングコストの大幅削減ができる。また、今後の駐車場ニーズに合わせた、変更も容易でコストも抑えられる。

 

事故発生抑止のため、急を要する工事で
製工販一貫体制効果=ご発注からお引渡しまで実質50日を実現!

【無料進呈中】機械式駐車場でお悩みの方必見。管理組合・物件オーナー・管理会社様!ご希望の方に無料で差し上げます。
機械式駐車場の解体/平面化の基礎知識はこの1冊で
全国のマンションやビルの駐車場で空き区画が増加しています。使用料収入の減少によって財政圧迫が進み、設備の維持コストが重くのしかかってきます。こうした事情もあって機械式駐車場を解体・平面化するケースが急増中です。
しかし、一般の方にとって駐車場の解体は初めての経験でどのように工事を進めていけば良いのか不安もあるようです。
そこで、解体初心者の方に向けて解体の手順や工法などを紹介するハンドブックを作成しました。これまでにない機械式駐車場解体・平面化の参考書として、他では手に入らない情報を提供いたします。 
機械式駐車場・解体最強ガイドブック