スマートデッキ・工場見学大歓迎 >>

よくある質問集(機械式立体駐車場の解体Q&A)

管理組合向け
管理組合向け
このページでは、私たちがこれまでに「管理組合」や「管理会社」の皆さまから頂いた質問内容を記載致しますので、ぜひ参考にしてください。機械式立体駐車場の解体は大規模修繕工事といった定期的な修繕とは異なり、多くの場合は、マンションのライフサイクルの中で一度限りの経験です。理事の皆様は、「本当に解体して良いの?」「解体工事は危なくないのか?」といった、心配や疑問を数多く抱えています。理事会では特に、解体工事の「安全性」や「工事費用」に関する様々な疑問が寄せられますが、ご心配であれば、当社の担当者が理事会で丁寧に説明いたしますので、ご不明な点等がございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

よくある質問集

機械式立体駐車場解体の方法は?
設備を取り壊して搬出後、地下ピットを塞ぎます。
解体は小型の重機を使用して行います。狭所で重機が使えない場合は、小さく切断して手作業となる場合もあります。
設備搬出後の地下ピットの空間を塞ぐ方法として代表的なものに「砕石で埋め戻す工法」と、地下ピットの上に「鋼製の床板を設置する工法」の2種類があります。
今、駐車場を使っている方が反対するだろ?
必要のない台数を解体することが基本です。
解体は装置単位、ピット単位でできます。“空き”の状況に合わせて、複数の装置の一部を解体される管理組合が多いです。したがって現在駐車場を利用している方に影響はありません。また、使い勝手の悪い機械駐の利用者を平面化された駐車場に移動すれば、既存の駐車場契約者にとってもメリットがあります。
解体にはどのくらいのお金が掛かるの?
鋼製平面化工法の場合はすぐに金額を確認できます。
当社のホームページ上では、ご自身で「鋼製平面化」の概算金額を確認できます。正式な見積は、現地調査もしくは必要な資料のご提示後となりますが2日ほどでできます。「埋め戻し工法」は、建物自体への影響などから実施不可能なことがあります。設置場所の地耐力算定、現地調査が必要です。
機械式立体駐車場設備の寿命ってどのくらいなの?
現実的には、20~30年程度です。
機械式立体駐車場の法定耐用年数は、15年と定められていますが、メンテナンス業者から20年程度でリニューアルの見積りが出てくることが多いようです。
遅くとも機械式立体駐車場は30年程度で更新を行わないと、設備の老朽化により重大事故が発生する恐れがあります。
機械式立体駐車場を解体して危なくないの?
適切な工法を選択すれば危険性はありません。
解体そのものに危険性はありませんが、地盤の弱い地域や建物内に駐車場が配置されている場合に、砕石による埋戻しをおこなうと重みで、建物本体や周辺地盤に悪影響が及ぶ可能性があります。鋼製平面工法の場合には、工場で製作した軽量かつ頑丈な鋼製の部材を現地で組み立てる仕組みのため安全に平面化できます。
解体しなくても機械を停止させれば良いだろ?
駐車場は利用しなくてもメンテンナンスが必要です。
設備は動作させないと、更に老朽化は加速します。仮にチェーンの破損や車を乗せるパレットが劣化すると車両が落下するおそれがあり大変危険です。簡易な方法でパレットを固定する方法もありますが、鉄部や溶接部分の劣化は防げないため、最終的には解体工事が必要となります。
工事期間中に駐車場は利用できるの?
工事期間中は一時的に移動が必要な場合があります。
工事期間中は、敷地内の駐車車両の移動が必要になる場合があります。鋼製平面工法の場合には7日程度、土砂による埋戻しの場合には地盤や工法により、20~60日間程度の期間が必要です。なお、当社では、敷地外に移動が必要な場合には、外部の駐車場の手配等を承ります。

お問い合わせ

剛力建設では、機械式立体駐車場のどんなご質問にもご回答します

ご質問等を受け付けておりますので、ご遠慮無くご連絡ください。また、喜んで理事会に参加いたしますのでご遠慮無くお申し付けください。

 解体費用・簡単シミュレーション
所要時間20秒
所要時間20秒 機械式駐車場の解体・平面化工事の簡易な見積もりができるシミュレーションです。 個人情報を入力することなくその場で工事費用の目安を確認することができます。
機械式駐車場・解体最強ガイドブック